恵光寺 和尚の日記

徒然記2009/9~12 徒然記2010/1~3 徒然記2010/4~6 徒然記2010/7~9 徒然記2010/10~12 徒然記2011/1~3 徒然記2011/4~6 
徒然記2011/7~9 徒然記2011/10~12 徒然記2012/1~3 徒然記2012/4~6 徒然記2012/7~9 徒然記2012/10〜12 徒然記2013/1~3
徒然記2013/4~6 徒然記2013/7~9 徒然記2013/10~12 徒然記2014/1〜4 徒然記2014/5〜8 徒然記2014/9〜12 徒然記2015/1〜4
徒然記2015/5〜8 徒然記2015/9〜12  徒然記2016/1〜4  徒然記2016/5〜8 徒然記2016/9〜12 徒然記2017/1〜4 徒然記2017/5〜8
徒然記2017/9〜12  徒然記2018/1〜6 徒然記2018/7〜12 徒然記2019/1〜6 徒然記2019/7〜12 徒然記2020/1〜6 徒然記2020/7〜12
徒然記2021/1〜6 徒然記2021/7〜12 徒然記2022/1〜6 徒然記2022/7〜12

 

恵光寺の宗旨は浄土宗西山禅林寺派で、阿弥陀さまのお慈悲を感謝し、その喜びを社会奉仕につないでいく、そういう「生き方」をめざすお寺です。
現代の悩み多き時代にあって、人々とともに生きるお寺をめざして活動しています。

 

恵光寺七夕まつり

■7月2日

恵光寺では午後1時から市原野児童館の子どもたちを招待して「七夕まつり」を開催。出し物は「こにぺーとう」さんの「スクリーンかみしばい」。先生やお寺の役員さん方の指導で七夕かざり作り、願いごとを書いて笹の葉に飾りました。「みんなが平和で過ごせますように」という思いでみんな参加してくれました。



【写真下右】 こにぺーとうさんのスクリーンかみしばいにひきこまれる子どもたち
【写真右上】 笹かざりや「ねがいごとたんざく」づくりに集中する子どもたち
【写真下左】 本堂の正面に立てた七夕の笹かざり

恵光寺七夕まつり

■7月4日

鞍馬寺の信楽香仁貫主さまが4日に亡くなられました。
97歳。お葬式は8日に鞍馬寺塔頭厚生院で営まれました。
鞍馬寺は先代貫主、ご尊父である信楽香雲上人のとき、天台宗から独立して鞍馬弘教という宗派をお立てになりました。香仁貫主は二代目。1944年に鞍馬寺に入山。同寺執行、鞍馬弘教宗務総長を経て、74年に管長兼鞍馬寺貫主に就任されました。以後、鞍馬山から、世間に対して平易な言葉で心の安心、世界の平和を訴え続けてこられました。

【写真】 日没時の慈光が鞍馬の山々を静かに照らす中、信楽香仁貫主さまの通夜にお参りをさせていただきました。 (7月7日)

恵光寺の「写経と法話の会」月例会

■7月9日

「写経と法話の会」はいつものように『法句経』を写しています。
今回の法話では「念仏」についてお話をしました。仏を念ずるとは、私が手を合わせて仏けを思う、というのではなく、天地いっぱいのあらゆるいのちに、この私が包まれていることに気づく、このことが「念仏」です、というお話をさせ戴きました。

【写真】 写経をする参加者のみなさん (恵光寺ホール)

ハモハ会・尼講中のハモハ踊り、鉄扇の踊り練習会

■7月9日

いま、市原の里では「ハモハ会・尼講中」のみなさんが、お盆の8月16日に踊る「ハモハ踊り」「鉄扇音頭(てっせんおんどう)」のために、毎週土曜の夜に集まって練習をしています。
この踊りは京都市の指定無形文化財で、国の保存すべき無形文化財の対象になっています。
暑い中、コロナで心配の中、みなさん、本当に熱心に練習をしてくださっています。

【写真】 「ハモハ踊り」と「鉄扇音頭」の練習をする「ハモハ会・尼講中」のみなさん (市原野会館)

市原野小4年生の総合学習で市原の板倉用水路を勉強

■7月13日

市原の里では江戸時代の最初まで米が穫れませんでした。それは田に供給する水がなかったからです。そこで当時の京都所司代・板倉重矩公は市原の里に東野中(静原口)の静原川から水を引いて作る灌漑用水路を建設しました。360年前のことです。それ以後、市原の里でも米が穫れるようになりました。今回、地元の小学生がその水路について現地学習をしました。

【写真左】 板倉重矩公の位牌を祀っている神宮寺でお参りをしてお話をする亮淳和尚
【写真右】 神宮寺の南、大道町あたりで板倉用水路を見る小学校4年の子どもたち

恵光寺 お花教室  ヒオウギのお生花

■7月20日

恵光寺のお花教室。この日は檜扇(ヒオウギ)のお生花。檜扇はアヤメ科の植物で、扇を開いたような葉の姿が特徴。むかし、檜扇は悪霊、疫病退散に用いられたもので、祇園祭では特に「祭花」として檜扇が欠かせないものとされてきたのです。

【写真】  教室で活けてくださった松田先生の檜扇のお生花 (恵光寺庫裏の玄関)

市原野児童館「なつまつり」

■7月22日

市原野児童館では恒例の「なつまつり」。コロナ対応で二部に分けて人数制限して実施。浴衣姿の子どもたちが児童館のグランドで楽しい時間を過ごしました。
地元の各種団体が全面的に応援をするこの「なつまつり」。市原野の街の力がわかる行事です。

【写真】 夕闇が広がってきてそろそろ打ち上げ花火でエンディング。市原野の里の夏の景色が美しい (市原野児童館グラウンド)

共同墓地の草刈り

■7月22日〜29日

毎年、お盆前のこの時期、共同墓地管理運営委員会は業者におねがいして墓地の通路を中心に除草作業をしています。広大な墓地ですが、毎日5人ほどが出仕で一週間ほどかけて行っています。

【写真】 炎天下、鞍馬街道東側の共同墓地地域を除草する職人のみなさん

盲導犬チャリティーコンサート

■7月24日

「睦会」(高橋睦先生主宰)のエレクトーンとピアノのコンサート。毎年この時期に盲導犬育成のためのチャリティ・コンサートとして開催してこられましたが、コロナ禍で3年ぶりの開催。舞台、映画などで有名になったいろんな曲が次から次へと演奏され、そのダイナミックな響きを堪能しました。

【写真】  「睦会」エレクトーンとピアノのコンサートのステージ (教育文化センターホール)

上部に戻る

恵光寺のこと安産地蔵尊参拝について生きる心の杖法然上人ご回向・ご納骨仏前結婚式交通アクセスお問い合わせ TOP