恵光寺 和尚の日記

徒然記2009/9~12 徒然記2010/1~3 徒然記2010/4~6 徒然記2010/7~9 徒然記2010/10~12 徒然記2011/1~3 徒然記2011/4~6 
徒然記2011/7~9 徒然記2011/10~12 徒然記2012/1~3 徒然記2012/4~6 徒然記2012/7~9 徒然記2012/10〜12 徒然記2013/1~3
徒然記2013/4~6 徒然記2013/7~9 徒然記2013/10~12 徒然記2014/1〜4 徒然記2014/5〜8 徒然記2014/9〜12 徒然記2015/1〜4
徒然記2015/5〜8 徒然記2015/9〜12  徒然記2016/1〜4  徒然記2016/5〜8 徒然記2016/9〜12 徒然記2017/1〜4 徒然記2017/5〜8
徒然記2017/9〜12  徒然記2018/1〜6 徒然記2018/7〜12 徒然記2019/1〜6 徒然記2019/7〜12 徒然記2020/1〜6

 

恵光寺の宗旨は浄土宗西山禅林寺派で、阿弥陀さまのお慈悲を感謝し、その喜びを社会奉仕につないでいく、そういう「生き方」をめざすお寺です。
現代の悩み多き時代にあって、人々とともに生きるお寺をめざして活動しています。

 

恵光寺の修正会

■2020年1月2日

温かい気候のお正月詣り 今年の元旦は温暖でありがたく迎えることができました。この日11時から修正会の法要で40人くらい集まりました。新しい一年、いろんなことがあるけれど、生かされているいのちを生きる、という大事なことをしっかり見据えて歩いていこう、と決意を奏上しました。

【写真右】 お正月の恵光寺本堂向拝の景色
【写真下】 修正会の様子

すこやか学級で講話

■2020年1月9日

新年のすこやか学級 市原野社協の「すこやか健康学級」。恵光寺住職は1時間の講話をしました。「昨日の私とはちがう今日の私を」というタイトルでお話しました。

【写真】 新年のすこやか学級で話す恵光寺住職(市原野会館)

写経と法話の会

■2020年1月9日

初写経 今年最初の写経と法話の会。いつものように「法句経」を写しますが、法話はいよいよ浄土念仏の教えに入っていこうとしています。今回は浄土を求める私どもの心の動きについて『観経』の「王舎城の悲劇」のお話をしました。参加者は15人でした。お正月なのでお菓子は鶴屋吉信さんの花びら餅、「御所鏡」。

【写真】 みなさんの供した鶴屋吉信さんの「御所鏡」

本山で新年「お言葉説明会」

■2020年1月16日

「何がいちばん大切で何が不要かということを考えて」 と 本年度の「お言葉説明会」開催されました。「お言葉」とは、永観堂のご法主が年頭に全国の寺院に対して教示されるご文章です。この日は多くの寺院が集まり、ご法主から直に「お言葉」の内容についてお話をいただきました。
久我儼昭ご法主は「浄土教が起こったのは人間の反省からで、常に現実の世界を流転しているわたしども凡夫が救われるところに他力大悲の浄土門が導きだされてくる。今の世の中、このことをしっかりと見つめ、我々にとって、何がいちばん大切で何が不要かということを、考えていってください」とお話になりました。

【写真】 「お言葉」を説明される久我儼昭法主

本山でみかえり月次説教会

■2020年1月18日

奈良の若いお坊さんが出演 第45回みかえり月次説教・奈良の丸山翔玄師。タイトルは「南無阿弥陀仏と唱える心とその姿」。あらゆるものに見守られて生きる、という事実はそのまま南無阿弥陀仏と称える姿になる、と。落ちついた話しぶりでした。

【写真右】 みかえり月次説教をする丸山翔玄師
【写真下】 説教を聴く人びと(いずれも永観堂会館)

自治連合会主催の「絆灯会」 3月7日開催が決定

■2020年1月18日

市原野自治連合会の理事会。自治連合会が主催して行う「絆灯会」開催について協議。絆灯会は阪神淡路、東日本、また豪雨などの災害犠牲者を追弔しながら、市原野の街づくりにつないでいこう、という企画。今年は3月7日に行われることになり実行委員会が立ち上がった

【写真上】 「絆灯会」開催について協議する市原野自治連の理事会

市原野消防分団の出初式

■2020年1月19日

出初式の放水実演は帰源寺前で 新年度の恒例の市原野消防分団の出初式。訓練の成果を示す放水実演は帰源寺で行われました。そのあと市原野会館で地域各種団体の役員がたとの交流会がもたれました。

【写真】 出初式で放水実演をする市原野消防分団
     (帰源寺)

法然上人追慕念仏行脚

■2020年1月24日

太秦~粟生13キロを青年僧たちが報恩の念仏行脚 専修念仏を唱えた浄土宗祖・法然上人は生前から貴族、旧仏教側から念仏停止の弾圧を受けますが、亡くなられてもそれは続き、とうとう法然上人のお墓が暴かれることになり、門弟たちは法然上人の遺骸を太秦に運び、また粟生野に運んで火葬。そこで十七回忌法要をした、という故事にのっとり、この日の夜、13キロほどを念仏行脚します。今年は200人近くの青年僧たちが参加しました。

【写真】 念仏行脚をする青年僧(粟生光明寺のHPから)

さんがいちはらの 寒中托鉢

■2020年2月3日

JA市原店前で浄財をいただく さんが・いちはらのでは毎年、大寒(1月20日)と節分(2月3日)の2回、寒中托鉢を行っています。1月20日は朝6時に恵光寺を出発して市原野のお寺やお宮さんを巡拝して町中の安寧を祈願しました。
2月3日の節分は夕方にJA市原野店前で托鉢をしました。みなさま方の浄財は会の活動資金、災害支援金として使わせていただきます。ありがとうございました。

【写真】 寒中托鉢をするさんがいちはらののお坊さん
(JA市原野店前)

災害になるとどんな状態になるか、想像する力を

■2020年2月7日

災害時の避難所開設について地元民が意見交換 左京区防災担当の「円滑な避難所運営等の意見交換会」が市原野会館で行われ、鞍馬、静原、市原野の3学区の地元関係者が出席。いざ災害発のとき、避難所運営をどのようにしていけばいいか、公助、共助、自助などの区分などから総合的に考えていく取組。

【写真】 災害時の避難所開設について意見交換する人たち (市原野会館)

恵光寺「写経と法話の会」

■2020年2月8日

法話で若いお坊さんに登場してもらう 毎回、写経のあとに法話が約50分あり、住職が担当しています。今回ははじめて若いお坊さんに実践の場を、ということで奈良のお坊さんにお話して頂きました。そのあと、いつものとおり住職がお話しました。
お菓子はバレンタインに合わせて京都室町・然花抄院のチョコカステラでした。

【写真】 法話をする奈良の丸山翔玄さん

雪が降りました

■2020年2月9日

暖冬で雪が降るのは珍しい 地球の温暖化で雪が少なくなっています。スキー場なんか雪不足で大変のようです。新潟の国体も心配されていましたが、やっと雪が降って協議ができるようになった、とか。 市原の里は2月9日にやっと10㎝ほど積もりました。

【写真】 雪景色の恵光寺(2月9日朝)

永観堂 みかえり念仏行道会

■2020年2月14日〜15日

永観律師の宗教体験に近づこうと念仏行道 永観堂中興の祖・永観律師をしのび、毎年2月14日の夕刻よりお籠りをして、15日の朝4時過ぎから7時過ぎまで阿弥陀堂で念仏行道が行われます。永観律師が行道中に阿弥陀さまが先導された、という奇瑞を基に行われるものです。

【写真】 オリエンテーション 話をしているのは恵光寺住職

永観堂の「みかえり月次説教」

■2020年2月15日

地球環境悪化を考え日常生活を反省しできることをしよう 『変化する社会と仏教の役割』というタイトルで環境問題について私どもの姿勢を仏教徒として質したお話でした。とくに17歳のグレタ・トゥンベリーさんが懸命に環境保全を訴えて行動しています。あなたはこの環境問題にどう行動しますか、とアグレッシブに迫る小木曽さん。観念だけではだめ、と厳しかった。こういうお説教も必要です。

【写真】 法話をする小木曽さん

茂田眞澄アーユス前理事長の「大縁会」

■2020年2月18日

「ありがとうっ!」とみんなが大声で唱和して合掌しました 昨年の夏に亡くなられた仏教国際ネットワークアーユスの理事長・茂田眞澄さんのお別れ会、名づけて「大縁会」が東京の本立寺で行われ110名を超す人々が集まりました。破格のパワーと菩薩道精神で、苦しんでいる人の支援に生涯をかけた方でした。「大縁会」は偲ぶだけでなく、私たちに生きる希望を与える会になりました。

【写真】茂田さん「大縁会」に集まった人びと(東京・本立寺)

市原野小学校で作品展

■2020年2月19日

地域の人たちも出品 市原野小学校体育館で児童たち津の作品展が行われました。毎年、地域の人たち、老人会、女性会、施設の人たちの作品も見ることができ、異世代間交流ができる場です。

【写真】地域の人たちの作品も展示(市原野小体育館)

市原野社協ボランティア全体研修会

■2020年2月22日

地域のボランティアさんの全体研修会 地域の福祉のまちづくりに参加している市原野社協のボランティアさん、市原野の街づくりの上での課題や解決の仕方についてグループワークをします。固いようですが、和気藹々の雰囲気は市原野のいいところです。あとは懇親会も行われました。

【写真】全体研修会のあとの懇親会では踊りで盛り上がり
(稲盛記念会館1F Deli Cafe たまご)

地鎮式厳修

■2020年2月23日

恵光寺庫裏改修工事 みなさんのご支援でおこなう恵光寺庫裏改修工事、この日に地鎮祭を勤めました。春一番が吹き雨も加わる荒天の中でしたが、恵光寺の役員、女性会スタッフ、工事関係者の参会の下、勤めさせていただきました。

【写真】地鎮祭の様子

上部に戻る