恵光寺 和尚の日記

徒然記2009/9~12 徒然記2010/1~3 徒然記2010/4~6 徒然記2010/7~9 徒然記2010/10~12 徒然記2011/1~3 徒然記2011/4~6 
徒然記2011/7~9 徒然記2011/10~12 徒然記2012/1~3 徒然記2012/4~6 徒然記2012/7~9 徒然記2012/10〜12 徒然記2013/1~3
徒然記2013/4~6 徒然記2013/7~9 徒然記2013/10~12 徒然記2014/1〜4 徒然記2014/5〜8 徒然記2014/9〜12 徒然記2015/1〜4
徒然記2015/5〜8 徒然記2015/9〜12  徒然記2016/1〜4  徒然記2016/5〜8 徒然記2016/9〜12 徒然記2017/1〜4 徒然記2017/5〜8
徒然記2017/9〜12  徒然記2018/1〜6 徒然記2018/7〜12 徒然記2019/1〜6 徒然記2019/7〜12

 

恵光寺の宗旨は浄土宗西山禅林寺派で、阿弥陀さまのお慈悲を感謝し、その喜びを社会奉仕につないでいく、そういう「生き方」をめざすお寺です。
現代の悩み多き時代にあって、人々とともに生きるお寺をめざして活動しています。

 

恵光寺の「たなばたまつり」

■2019年7月6日

「世界の人たちが笑顔でくらせますように」
ねがいごとを 短冊に託して たなばたまつり
毎年のたなばたまつり。13時30分には市原野児童館の学童クラブの子どもたちを中心に30人近くが来寺。作った笹飾りや願いごとをかいた短冊を笹に吊るして立派なたなばた飾りが完成しました。つぎに本堂でスクリーン紙芝居を見て、住職のお話。住職は「ここに集まっているみんなのいのちは君たちだけのものではないんだ。宇宙のできたときからずうっとつながって今日の君たちのいのちがあるんだ。そしてこれからの君たちのいのちのあり方が次の人たちにつながってくのだよ」というお話でした。最後は流しそうめん大会でした。たなばた飾りを指導して下さった先生方、スクリーン紙芝居のこにぺーとさん、準備・手伝い、そうめん大会の段取りをしてくださった役員の方々、ありがとうございました。

【写真右】 そうめん大会での子どもたち

兵庫県の地方教学講習会に出講

■2019年7月18日

恵光寺住職も一コマ出講 夏になると全国各地で地方教学講習会が開催されます。小生も「法式」という講座を担当し、お寺や僧侶がとりおなう法要儀式についての授業をいたします。

【写真】 講演会場の高砂市生石研修センター

永観堂本山での「みかえり月次説教」

■2019年7月20日

「より良い生き方、暮らし方」をテーマにお説教 この日の永観堂のみかえり月次説教は金沢市安樂寺の恒川學道師ガ担当。
テーマは「より良い生き方、暮らし方」。 

人が生きていくときにはいろんな思いを持っているが、経典にも説かれているが人は人の中にあって自分を調えていくことはなかなか難しい。なぜなら、私どもには欲や腹立ちなど、自分中心にした物の見方があるからです。難しいですが、そのことに心を傾けて日常話生きていくことが自分の心を楽にさせるいちばんの方法だ、というお話でした。

チャリティーコンサート

■2019年7月21日

市原野の木谷径子先生も出演 睦会の盲導犬育成のためのチャリティーコンサートが開かれ聴きに行きました。京都教育文化センターホール。睦会とは、声楽家・高橋睦子先生が主宰して発足した団体です。人々のための音楽の普及と社会に貢献すべく奉仕活動している団体。エレクトーンの演奏には恵光寺檀家の木谷径子先生が出演

【写真】 子どもたちのステージ・パフォーマンスもたのしいコンサート

市原野児童館の「なつまつり」

■2019年7月23日

参加した子どもたちの笑顔がうれしいね 小学校が夏休みに入る、という日の夕方、市原野児童館では恒例のなつまつり。たくさんの子どもたちが集まって夜店のヨーヨー釣りやいっしょにカレーライスを食べたり、楽しそうでした。大人の人たちがいっぱい手伝って、こんな中で子どもが育っていくのですね。

【写真右上】 カレーライスを作り、配膳する大人の人たち
【写真上】 ホールには子どもたちがぎっしり

町内の夏休みラジオ体操

■2019年7月24日

恵光寺のガレージで 篠坂町の子どもたちの朝のラジオ体操が恵光寺のガレージで行われました。朝7時に集まってラジオ体操第1、第2を行います。
住職もみんなといっしょに体操をしました。
ただ、このラジオ体操、この日からわずか3日間のみ。もう少しあってもいいんじゃない、と思うんですがねぇ。(~26日)

【写真上】 体操する子どもたち
【写真右】 最後の日、みんなで集合写真

左京区民ふれあいまつり2019

■2019年7月28日

左京区誕生90周年記念 岡崎のみやこめっせで 左京区の今の教育、福祉、文化、生活のあり方、情報を伝え、区民の思いをつなぐ大イベントです。会場となったみやこめっせ3階のホールは所せましとブースが作られました。老いも子どももみんな参加して左京区を知る、そして、そのことは自分の生活の仕方を考えるイベントです。
模擬店や、左京区内福祉施設のお店、地域で継承される伝統文化の発表や体験、左京区内小・中・大学生などの元気あふれるステージ、など楽しいイベントが盛りだくさんでした。

【写真】 ステージで演奏する
わが洛北中学校吹奏楽部のメンバー

上部に戻る