恵光寺 和尚の日記

徒然記2009/9~12 徒然記2010/1~3 徒然記2010/4~6 徒然記2010/7~9 徒然記2010/10~12 徒然記2011/1~3 徒然記2011/4~6 
徒然記2011/7~9 徒然記2011/10~12 徒然記2012/1~3 徒然記2012/4~6 徒然記2012/7~9 徒然記2012/10〜12 徒然記2013/1~3
徒然記2013/4~6 徒然記2013/7~9 徒然記2013/10~12 徒然記2014/1〜4 徒然記2014/5〜8 徒然記2014/9〜12 徒然記2015/1〜4
徒然記2015/5〜8 徒然記2015/9〜12  徒然記2016/1〜4  徒然記2016/5〜8 徒然記2016/9〜12 徒然記2017/1〜4 徒然記2017/5〜8
徒然記2017/9〜12  徒然記2018/1〜6 徒然記2018/7〜12 徒然記2019/1〜6

 

恵光寺の宗旨は浄土宗西山禅林寺派で、阿弥陀さまのお慈悲を感謝し、その喜びを社会奉仕につないでいく、そういう「生き方」をめざすお寺です。
現代の悩み多き時代にあって、人々とともに生きるお寺をめざして活動しています。

 

一年の安寧を祈願する新春の大事な法要

■2019年1月2日

恵光寺修正会 穏やかな天候の下、新年の修正会。
本堂で新しい一年が平穏ありますように、和合の世界でありますように、と祈念しました。新しくご法主になられた久我儼昭永観堂ご法主の「新年のおことば」を拝読。法然上人が示された念仏の威徳を心から実践していただきたい、という内容でした。
そのあと中西彦介総代が「今年も檀信徒のみなさまと力をあわせてこの恵光寺を発展させていきたい、どうぞよろしくお願いいたします」とあいさつをつをされました。

【写真】 修正会の後、庫裏で乾杯をしました

京都みすゞ会例会

■2019年1月11日

京都みすゞ会1月例会 毎奇数月11日は京都・休務寺さん席でみすゞさんの詩にふれる「輪読会」が行われます。この日は恵光寺の住職も担当になり、みすゞさんの奥深い詩を学びました。

【写真】輪読会に参加して感想を述べあう会員

初写経

■2019年1月12日

写経と法話の会1月例会 一年の計は元旦にあり。今年一年の生きる心の柱を写経でいただこう、という初写経。この日のお茶菓子は鶴屋吉信さんの「はなびらもち」でした

【写真】初写経に集う人びと

永観堂本山でお言葉説明会 布教講究所開講

■2019年1月16日〜17日

恒例の新春に行われるご法主の「お言葉説明会」。今年からは久我儼昭
ご法主のご垂示となりました。説明会の後は布教講究所が2日にわたっ 
て行われ、小生も出講しました。
翌日の17日の朝5時46分には阪神淡路大震災の慰霊勤行がおこなわ 
れ、6434人の霊位のご回向をいたしました。

【写真】 お言葉説明会の様子

さんがいちはらの 寒中托鉢

■2019年1月20日と2月3日の節分に

さんが・いちはらのでは毎年大寒の節分の二階、寒中托鉢を行っています。
1月20日は朝6時に恵光寺を出発して市原野のお寺やお宮さんを巡拝して町中の安寧を祈願しました。
2月3日の節分は夕方にJA前で托鉢をしました。
いずれも5人のお坊さんが出仕しました
みなさま方の浄財は災害支援金として使わせていただきます。
ありがとうございました。

【写真】 托鉢の様子

市原神宮寺で「大般若転読会」

■2019年1月21日

市原町の神宮寺(市原のお宮さんの境内、通称「みやでら」)で「大般若転読会」。新春の行事。市原町中の安全と五穀豊穣を祈って勤める法要

【写真】 大般若を転読する、導師の恵光寺住職

藤原惺窩400年で 兵庫県から来寺 惺窩さんの墓前回向

■2019年1月26日

兵庫県三木市の文化会館の人たちが来寺戦国時代から江戸初期に出た儒学者・藤原惺窩。この惺窩さんがなくなって今年はちょうど400年。記念の年となるので惺窩さんの生まれ故郷である兵庫県三木市では演劇セミナー公演として「藤原惺窩物語」が上演されます。日時は平成31年3月17日(日) ①13:00開演 ②18:00開演。会場は三木市文化会館小ホール。
今般、公演が間近になり、三木市の文化会館の方や技術関係の人、脚本家など10人が京都を訪れ縁のある市原の里を訪ね、また相国寺にある惺窩さんのお墓に詣でて成功祈願をされました。

【写真】 京都を訪問したご一行 
【写真】 惺窩墓前で
【写真】 惺窩物語ポスター

上部に戻る